訪問看護師の仕事内容

訪問看護師 → 訪問看護師として働く

訪問看護師として働く

訪問看護師という仕事は、透析看護師などの病院勤務に比べると特殊な仕事だというイメージが強い人もいるかもしれません。 一人あたりが担当しなければならない業務が多いため、責任感が強い人でなければ勤まらない仕事なのは間違いないでしょう。

だからといって、不安だからという理由で挑戦しないのはもったいないです。 実際に訪問看護師として働き始めた人の中には、思っていたほど大変な仕事ではないと実感している人も多いようですね。

訪問看護師のやりがいといえば、患者さんが住み慣れた環境の中で看護をすることができるという点です。 最期は自分が暮らしてきた家で時間を過ごしたいと感じる患者さんが非常に多いです。 しかし、重症の患者さんほど自宅で生活するのは難しくなってしまいます。

訪問看護師は、そんな患者さんをサポートする存在として、非常にやりがいがある仕事だと言えるでしょう。 訪問看護師として働く場合、自分一人で判断しなければならないこともありますが、ステーションに相談をすることもできるわけなので、孤独な仕事というわけではありません。

確かに看取りなど、精神的に辛い状況に立ち会うこともありますが、それもやりがいの一つとして患者さんをサポートする仕事についてみてはどうでしょうか。 看護師として病院で働いているだけでは知ることができなかったこともたくさん出てくるはずです。

訪問看護師として働く場合、訪問看護ステーションに努めることが多いのですが、活躍の場は他にもあります。 例えば、病院やクリニック、福祉施設などが挙げられます。

どこに席を置くかによって担当する患者さんの状態や傾向も違ってくるわけなので、訪問看護師として働けるならどこでもいいと考えるのではなく、よく調べたうえで働く場所を決めるようにしましょう。

訪問看護師のほうが病院より重労働になると思われがちですが、特に業務内容のハードさに違いはありません。 ただ、患者さんの家庭まで移動するのが大変だと答える訪問看護師も多いので、体力に自信がある人でなければ難しい仕事だと言えます。


未経験職種への転職を考える看護師

「看護師をしてきたけれど、他にも働ける場所はあるか」

未経験の職種で働く不安はあることでしょう。 看護師には向いてないかもしれない。 そう思った時、このまま続けることも、他の職種に転職することも不安ですし悩むものです。

もちろん、看護師以外の仕事をされる方もいますが、せっかくならその資格を活かして転職したほうが有利と言えます。 それではどのような職場があり、どのような仕事をすることができるのでしょう?

「家の近くで探すなら」

看護師資格を活かして働けるところには、通勤時間もかからず、現場とは違う仕事ができる場所もあります。 例えば老人施設、保育園、学校などがそうです。

最近は保育園でも看護師を採用しているところもありますし、老人施設でも看護師がいることでの安心感があることから、一人ないし二人程度採用しているケースも有ります。

もしも保育所などに転職される場合には、「看護師資格」に対しての資格手当などがつくかどうか、きちんと調べてから決めてください。 ややもすると、その手当すらつかず、保育士と同じお給料という可能性もあります。

老人施設には体は元気な方が入所されているグループホームなどもあります。 主にはアルツハイマーや認知症の方が入所されていますので、その方々の健康管理のために看護師を必要とするのです。

学校なら保健室が看護師の職場として知られています。 保育所同様、子供達の健康管理のために配属されています。

「OLのように働ける職場もある」

看護師がOLのように働ける企業には製薬メーカーがあります。 臨床開発モニターがそれにあたりますが、臨床経験をお持ちなら採用される確率は高いといえるでしょう。

仕事は治験実施がきちんと行われているかを調べていくもので、そのデータを収集していきます。 パソコン操作ができれば問題はありません。

もちろん、看護師のようにナース服を着てというものでもありませんし、患者さんに呼ばれて走り回って看護に当たるということもしません。